超薄型高遮熱工法

2040

「アルミ+空気層」」を利用した遮熱シートを使った、、超薄型遮熱工法により、電気使用量の軽減
省エネとCO2の削減が可能となります。遮熱とは輻射熱を反射させ、熱の侵入または損失を防ぐことです。
輻射とは、物体はその温度に応じた電磁波を放射しており、これを吸収した物体が振動することで熱を
得る熱移動方法です。 

施工前   施工後
施工中 完成 (1)
温度差状況
 syanetu1  syanetu2
遮熱シート  特徴 
 遮熱シート
  1. 高気密・高遮熱で一般の断熱材では不可能な快適空間
  2. 反射率99%、断熱層が熱伝導を防止
  3. 省エネ効果とCO2削減
  4. 再利用が可能な工法 

 

 

Print Friendly, PDF & Email