外断熱工法による省エネルギー化

6686

 

主にコンクリート構造物など熱容量の大きい建物の外側に、断熱層を設け、建物を外気から断熱して建物の蓄熱(または冷却した状態)を逃さないようににする方式です。

外断熱概略図

 

 外断熱工法には以下の利点があります。当社における外断熱化による効果はこちら

1.コンクリートの劣化遅延化
コンクリート躯体を断熱材と外装材によって覆うことで、躯体が直接、雨、風、熱によって直接さらされないので、コンクリートの劣化する速度が遅くなり長寿命の建物になる。また劣化が遅くなることでメンテナンスにかかるコストが減る

2.結露発生の抑制
断熱層が躯体の外側にあるため、壁の温度が室温に近くなり、理論的にも冬季の結露発生は非常におききにくくなります。結露によって発生するカビやダニは人体へ悪影響を与えます。また内部結露は、壁内の湿気を高め壁の下地材や土台を腐らせます。見えない部分に発生する為発覚しにくく、大きな躯体ダメージを起こし建物の寿命を縮めることにつながります。このような結露による悪影響が起こりにくくなります

3.省エネルギー効果の向上
断熱効果により、室温の変動が少なくなることで冷暖房の使用量が減り、エネルギーコストが削減できる。また、エネルギー使用量が減れば、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の発生を抑制でき温暖化対策にもなります。

当社ではこれらの利点を活かすために、本社建物を外断熱化しました。

完成
« 1 14 »
Print Friendly, PDF & Email